東京の練馬で初となる、ネイティブアメリカン系物販店のオーナーEddieのブログです。


by eddie1964

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Fender USA PB ..
at 2015-06-02 16:31
またやる事になりました!
at 2015-05-15 15:35
復活
at 2015-04-04 14:33
買付後記
at 2014-10-22 19:20
秋の買い付け準備
at 2014-09-29 16:47

外部リンク

カテゴリ

全体
未分類

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

満員御礼






G.U.L. 春のトリビュートまつりにお集まりいただいたお客様、並びにキャスト、スタッフの皆様、ありがとうございました。

たくさんの方々に楽しんで頂けたようで、企画者として誠に嬉しく思っています。



いや~、久しぶりの企画だったもんですからね、内心ドキドキでしたよ。

本当に人が集まるんだろうか?

な~んてかなりナーバスになっていましたが....

よかったよかった!

自腹切らずに済みました。


それにしても皆さん笑顔でしたね。

ロックと酒の力は偉大です。


私自身もステージに上がるのは久しぶりだったんですが、やっぱり最高に楽しいね。

毎回思う事なんですが、この時だけは楽器やっててほんと良かったな~とつくづく思います。


そのうちまた企画しますんで、気長にお待ちください。



それではね、来たくても来られなかった方の為にも、そん時の画像を少しUPしようと思います。




まずはトップバッターはThe G。




b0221233_16445645.jpg



今回Deep Purpleのトリビュートをやってくれました。

ここのボーカルのカメちゃんは普段オールディーズ系のユニットをやってる人なんですが、やっぱりショー慣れしていますね。

トップからお客さん掴んでました。


はい、掴みオッケーの中、2バンド目の登場!

下井草のロックバー、Gold StarのマスターBilly率いるプロ集団。

Earthshakerのトリビュート、Goldshakerです。



b0221233_1704383.jpg




さすがに演奏は素晴らしいものがありましたが、プロにまじってのビリーとリオがのびのびプレイしていたのが印象的でした。


お次は三文ロックが登場。


b0221233_1715476.jpg



前はトリオだったんだけど、今回はベースのエンディーがドラム初挑戦。

ドラムンギターでZeppelinのトリビュート。


ギターボーカルの薗田くんの演奏、久々に見たけど毎度面白い事やってくれます。

でも、ジミー・ペイジとロバート・プラントの一人二役は正直反則技。

しかしまあうまくアレンジするもんですね。

感心します。



ここでちょいと余興みたいなのがありました。

友人のさきむらとしゆきからの依頼でどうしても告知がしたいと....

要はこういう事です。


以下彼のfbから引用。


先日紹介したまあるいテレビのスタッフであり、プロボクサーの上田龍を撮影しました。カメラマンはヴァンダレイシウバさんやアントニオ猪木さんも撮影したまあるいテレビチーフカメラマンの上村氏です。
昨日はその撮りたてブロマイドに試合の告知を手書きし、知り合いの音楽イベントに飛び入りで参加し、無名の上田龍をプロモーションしてきました。
大切なのは人と人とのつながりです。
上京したての彼には新しく知り合った方々の応援の言葉が深く響いた様子です。

デビュー戦では彼の手売りチケットがファイトマネーに直結するらしいので僕も何枚かチケットを買うつもりです。
そこで、もし彼のデビュー戦を見てみたいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。ご希望の方には彼が直接チケットを手渡しにいきます。

まだまだ20歳で右も左もわかりませんが、礼儀はきちんとした青年です。
応援してください。

上田龍デビュー戦
5月3日(土)
後楽園ホール
18:00試合開始
チケット¥4000

よろしくお願いします。

b0221233_17592298.jpg



舞台上でパンツ1丁になりファイティングポーズ。

興味のある方は是非観に行ってあげてください。

これもなんかの縁です。



4バンド目はM.SC.W。モスコウと呼びます。

フルコスチュームアンドメイクのKISSのトリビュートバンドです。

しかも5人編成。


b0221233_1873765.jpg



凄いね。

全部手作りだって。

b0221233_18313344.jpg


リーダーはジーン役の方です。 が... 僕はチャン・カワイに見えました(笑)

本家のジーンも随分巨漢になってしまいましたが、体調にはくれぐれも...気を付けなはれや!



はい、トリ前はまたまたプロ。

ギターインストラクションの神郡さんが、昔からのお仲間とトリオ編成でアコースティカルなエアロスミスの楽曲をトリビュート。


b0221233_18321346.jpg



自分の出番前だったんで楽屋で聞いていましたが、選曲も素晴らしかったし、何といってもアレンジがオトナ。

音楽を生業にしている方々の何と言いましょうか...底力みたいなもんを感じましたね。

出演ありがとうございました。




さあ、恐縮ですがうちらの登場です。

ガテマラ。

中高時代からこの名前でやってます。

今回はAC/DCのトリビュート。

なので、がーてー/まーらー。

メンバーもボーカルとドラムが新加入。

ん~....? 第何期になるんだろうか? どうでもいいか。


とにかくトリを務めさせてもらう訳ですから、気に掛けていたのは今まで出演して頂いた5バンドの演奏を全て忘れさせるぐらいの骨のぶっといロックの演奏。

だからギターはエフェクターなんて必要無し。

マーシャル直の大音量でヤルのみ。

ベースだってブリブリ。


b0221233_18563450.jpg


b0221233_18573495.jpg


b0221233_1859490.jpg


b0221233_18594282.jpg


b0221233_1922767.jpg


ロージーも大活躍でした。

Ericがアメリカから送ってくれたブロウアップドール。

ありがとね~!




いやいや、楽しいライブ、そして誕生日になりました。


皆さんお疲れ様でした。

そしてありがとうございました。



これで明後日からの買い付け渡米に集中できます。




by Eddie
[PR]
# by eddie1964 | 2014-04-08 19:15

そろそろ御用聞き開始します。





4月のライブが迫る中、着々と次回の渡米買い付けの準備をしています。

出発は4/10。

で、帰国はと言いますと...4/21。

今回短いです。

まず成田からデンバー経由でアルバカーキ入りします。

ここではインディアンジュエリーや雑貨の仕入れが主な目的。

b0221233_1444289.jpg


2泊しますが1泊ずつ違う宿です。

面倒ですが取れなかったのでしょうがありません。

4/12にはテキサス州エルパソでの買い付け。

アルバカーキから400㎞オーバーの距離を走破します。

b0221233_14393983.jpg


もちろん途中寄り道は無し。

なぜなら土曜日だから。

翌日の日曜日はやっていない店もあるので、移動と買い付けを同日中に済ませ1泊。

エルパソでは雑貨や安めのラグ、ブーツなどが目的です。

現在はブーツのご用命が入っていまして、サイズは11。 おっきいな~

中々サイズがあるものに関しては在庫しづらいので、こういう時に頼んどくのも手だと思います。

翌日アルバカーキを通り越してサンタフェへ...  500㎞ちょっとあるかな?

b0221233_1524242.jpg


ここでは買い付けは基本しませんが、いろんなものが入ってくる場所なので物色したりします。

4/14はチマヨへ。

チマヨラグの買い付けです。

ベストやジャケットなどの御用聞きも承っております。

b0221233_1584389.jpg


4/15、ギャラップへ移動。

b0221233_151657.jpg


ここではターコイズキャブや彫金工具など材料の調達と共にアーティストさんにジュエリーをオーダーして来ます。

現在2つ程リングのオーダーをお受けしておりますが、今回はどんなアーティストさんに頼もうか悩み中です。

先月のmonoマガジンで紹介されていたハリソン・ジムさんなんかもいいかも知れません。

b0221233_15274355.jpg


まだオーダーした事はありませんが、お会いした印象は気さくないい人でした。

ジュエリーも素晴らしい作品ばかりです。

b0221233_15305590.jpg


4/18にはロサンゼルスへ移動します。

アンティークものなんかを見て来ようと思っています。

もちろんエリックにも会って来ますよ。ってかお世話になって来ます!

でもロスで一番気になっているのは楽器屋さんだったりして(笑)

今回はここから日本に帰って来ますので、アリゾナ方面(ホピなど)の買い付けはまた次回です。


てな訳でどんな買い付けになる事やら。

今回は一人っきりの旅。

効率抜群です。


と、その前に明日は鎌倉ラッキージョンさんへのオーダー業務です。

なんかずっと雨なんだってね...

ま、お仕事なんで関係ありませんけど。

あ、帰って来たらバンドのリハか...


それまでに雨止んでくれ~




Little Pinetree Trading Post

info@littlepinetree-tradingpost.com
03-6914-8313

までお気軽にお問い合せ下さい。




by Eddie
[PR]
# by eddie1964 | 2014-03-19 16:04

GULとは...





Growing up LIVEの略でございます。


今から21年ほど前に私自身が企画、運営、演奏、もぎりで始まった小さいロックフェスみたいなもんです。

当時20代後半の若造だった私は、自身も企画自体も成長していける様にと命名しました。

しかし、第7回のライブを最後に休止状態に...

ちょうど前やっていたBARのオープン5周年の頃です。 

理由は簡単。

成長が止まったから。

企画の頭打ちと、やらなきゃいけないというプレッシャー。

単純に楽しもうという気持ちも欠落していたように思います。


あれから15年という月日が経過。

皆さんと平等、15歳年を取りました。

あくまでも成長した訳では無く、15年分年をくったという事です。



ただこの15年というブランク、まんざらでも無かったようですね。

何と言いましょうか...  力みがほとんど無い。

当時より純粋に音楽を楽しむ事が出来るようになった気がします。

言っちゃ~なんですが... そのゆるさも魅力。

キャスト、スタッフ、そして観に来て頂いたお客さん、この企画に参加した全ての人が自然と知り合いになり、交流が深まっていけば素晴らしい事じゃないですか!

そんなのを目指しています。



さあ、本番まで1か月を切りました。

いよいよ復活です。



b0221233_15574140.jpg




今回は「春のトリビュートまつり」と銘打っての企画ですが、まあ王道系が揃いましたね(笑)


非常に楽しみであります。

それもそのはず。

参加されるグループはこの15年の間に知り合いになった方々が大半。


声を掛けさせてもらった際、バンドによってはメンバーの中に音楽で生計を立てられている、いわゆるプロフェッショナルの方もおられるようで恐縮していると同時に感謝しております。


そしてこの企画をやる事に際し忘れてはいけないのは、場所を提供してくれる江古田BUDDYさんの存在です。

15年前にもこのBUDDYさんを使わさせて頂いたんですが、今年の頭に企画をBUDDYさんにお願いに上がった時、その15年前の企画内容がちゃんと保存されていました。

その内容や金額をそのままにする為に打ち合わせを重ね、了承して頂きました。

前売り¥3,000でFree Drinks。(生ビール、焼酎、ウィスキー、ソフトドリンク等)
Food持ち込みOK。ゴミは持ち帰る事が条件です。

この内容で6バンドの演奏が楽しめる。

このご時世では正直破格です!


多くの方に楽しんでもらえるように頑張ってもらいました。



最後になりますが、チケットを置いて頂いている店舗のご紹介と置いてある枚数です。


みずほ(中学時代からの友人がやっている居酒屋さん)
    東京都 練馬区豊玉中3-22-5 03-3992-1714 枚数5

巣あな(ここんところ行きつけのちっちゃい飲み屋さん)
    東京都練馬区豊玉北5-25-17-B1 03-6767-0067 枚数30

理容キヤ(うちのバンドのリードギターがやってる床屋さん)
     東京都練馬区豊玉北5-12 03-3992-0260 枚数5

鳥よし(昔から仲良しの居酒屋さん)
    東京都練馬区練馬1丁目20-3 03-5984-1444 枚数10

BAR WILD(前やってたBARから独立して開業した昇の店)
      東京都練馬区豊玉北5-16-5 第一セブンビル 3F 03-3557-0777 枚数20

鷺ノ宮たつや(昔一緒に働いていた伊達ちゃんが店長の焼とん屋さん)
       東京都中野区鷺宮3-15-1 電話番号不明 枚数10

Billy's bar GOLD STAR (今回アースシェーカーのトリビュートをやるビリーのお店)
            東京都杉並区下井草3丁目41−6 B1F  03-3301-3992  枚数30

以上の店舗にご協力いただいております。

私も現在30枚ほど手元に御座います。
Little Pinetree Trading Post 東京都練馬区豊玉北5-15-5 1F 03-6914-8313


チケットは売り切れ御免なので前売りのご購入はお早目にお願い致します。

当日は¥3,500にてご入場いただけます。


それでは皆様お誘い合わせの上ご来場くださいませ!

Keep on Rockin'




by Eddie
[PR]
# by eddie1964 | 2014-03-08 18:42

ブレスレットを作ってみようの巻





と言ってもあくまで練習の為、使う材料は真鍮ですのであしからず~



彫金の練習をちょこまか始めてひと月。

何とな~くですが、工具の使い方だとか金属の性質だとかが解るようになって来ました。

つってもまだまだ初心者です。


でも、問題はテクニックじゃなくて何を作るか。

何を作りたいか。


テクはやればやるほど上達する事は楽器や料理で立証済みですからね。



だから一番最初にやる事はラフなイメージを絵に描く事からです。


今回はブレスなのでこんなのを......




b0221233_1803367.jpg



定規は使いますが、ま、フリーハンドみたいなもんですね。

複雑にしちゃうと大変そうなのでこんくらいにしておきました。


柄はナバホのラグなどでおなじみのダイヤモンド柄。

切り抜いたものを貼っ付けてみようと思いました。


要するに絵が描ければ作れるという事で、結構大事。 あ、一番大事かも....


イメージって本当に大切なんですよ。




でも同じような柄を3つ切り抜く訳ですから、いちいち手書きも面倒だし、地金がシルバーになっても同じものが作れた方がいいのでジグ作りから取り掛かります。

ジグって当て字で治具って書くんですが、工業用語でよく登場します。



まずパソコンでダイヤモンド柄をデザインします。

パソコン使えると楽ですね。

これはズルじゃないよね..... たぶん。



b0221233_1827484.jpg




で、それをちょうどいいサイズに出力します。


b0221233_18285211.jpg



次は透明な下敷きを上に載せて罫書きペンでスジを付けます。


b0221233_1831815.jpg



b0221233_18312689.jpg




そしてポイントになるところにドリルで穴をあけて行きます。



b0221233_18332165.jpg




はい。 ジグ完成。



b0221233_1834376.jpg




いよいよ真鍮に描いていきます。


b0221233_18361696.jpg



こうする事で時間が短縮できます。


b0221233_1837504.jpg




それでは糸ノコで切り抜きます。 真鍮は1mm厚。

こっからは彫金て感じかな?


b0221233_18431447.jpg



で、本体もカット。1.5mm厚ですが、シルバーならもっと厚みが欲しいところです。

真鍮って結構硬くて曲げるのが大変なのでこの厚みにしました。


b0221233_18454635.jpg



b0221233_18474197.jpg



今のところイメージどおりです。


本体の方をヤスリで成型します。

面取り加工後。


b0221233_185066.jpg




さあ、ロウ付けです。


ロウ付け作業はやりながら写真撮れないのでごめんなさい。



ちゃんとくっ付いたようです。


b0221233_18511934.jpg




ここから磨きなんですが、まだ集塵機が来てないのでバフ掛けすると店中に粉が飛ぶので、今回はヤスリでチョロっと綺麗にしただけです。


b0221233_18552939.jpg




最後に曲げて完成です。


b0221233_18561965.jpg




b0221233_18565594.jpg




やっぱり真鍮硬いです。



あ~早くシルバーでやりたいな~



いやいや、まだまだかな~



次は何作りましょ?



絵描かなきゃ!



by Eddie
[PR]
# by eddie1964 | 2014-02-10 19:04

直せる幸せ





今日で1月も終わりです。

毎日金属をガリガリ、ゴリゴリやっていたらアッという間に....

しかも今月の更新がこれで2回目。

もはや日記とはかけ離れております。


ま、元々そこまでマメな方ではないのでお許しくださいませ。


え~ 本日のテーマは直せるという事ですが...

昨年10月にはパソコンの修理に随分費用と時間が掛かりまして、結局2か月と10数万円かけて復活しました。

で、買おうと思っていたベースを断念。


しかし完全に諦めた訳では無く、そのうちぜってー手に入れてやる~ と、懐と相談しながら時期を伺っておりました。

大体2月にはなんとかなるかな? ぐらいの感じでしたが.....


はい、またまた来るんですね。 「ものいり」というやつが。


今回は自宅の給湯器です。

症状はお湯が設定温度よりかなり低い。 というもの。

前回修理をしたのは7年前の事でした。

そう言えばその時に業者さんから言われてました。

「次は買い替えですね」と修理の人。

「え? そうなんですか?」と私。

その時は真夏だったんで、たまにシャワーが急に水になったりしても、何とか耐える事ができましたが、今は冬。

しかも真冬です。

こんな時期に急にシャワーが水に変わったらどうなることでしょう?

言うほど若くありませんので、何が起こってもおかしくない状況も考えられます。


そこで修理を...と考えたのですが...

給湯器の年式は95年製。

どうもパーツが無いらしく、やはり前回の修理で言われたように買い替える事にしました。

で、またまたベース購入を断念。


そもそも何でもう1本ベースが欲しいのかって事なんですが...

今使っているのは、私が高校2年生の時にアルバイトで貯めたお金で買った、フェンダーのプレシジョンベースです。しかも1962年製の名器です。

当時はオールドとかビンテージっていうカテゴリーが無かった時代?なので、単純に中古楽器として購入しました。

値段は¥115,000也。

まあ、当時の時給は¥470からだったので、今の高校生たちの時給を考えると大体半分ぐらいですかね?

という事は今の¥230,000ぐらいの価値になるんでしょうか?

確かにアルバイトばかりしていた少年でしたが、それまでの人生で一番の決断だったのを覚えています。


b0221233_14502314.jpg


b0221233_14503929.jpg



今は50万とも100万とも言われていますから、単純に当時の物価や価値観と比較すること自体ナンセンスかもしれませんね。

因みに見る人が見れば分かりますが、ペグは1980年製のものと交換済みです。

コンディションもバッチリで現在でも何一つ不自由な事はありません。

正に現役バリバリです。


ただ春のライブで、異なるチューニングの楽曲をやる事になり考えました。

楽曲自体は当日のお楽しみという事で、今は書きませんが...

とにかくフラットチューンとノーマルチューンをライブ中即座に切り替えたい訳なんです。

ギターの場合は運指やカポを使って対応出来るという事ですが、ベースの場合にカポはあり得ないので、どうしてももう1本が必要だったのです。

しかし2本持って行くのも結構な労力なので、候補に挙がったのが5弦ベース。

そう、それがあれば1本で済むという事です。

でも背に腹と言いますか、温水が冷水に変わってしまうシャワーにビクつきながらの生活を考えたら、5弦ベースは二の次になってしまいますよね。当然です。


そこで本日のお題である「直す」の話です。


実は20年ほど前になりますが、当時友人が務める楽器屋さんでベースをオーダーして作ってもらいました。

しかし、幾度かライブやレコーディングで使用して数年で使わなくなってしまいました。

ネックのコンディションが安定しなかったのが理由です。


それがこのベースです。




b0221233_15332156.jpg



アクティブ回路(電池式)で2つのディマジオ社製のピックアップがマウントされています。


b0221233_15365178.jpg



一つはこのシェイプに合ったPBタイプです。

で、フロントはギブソンのEBに付いているタイプのDP120 MODEL ONE。

当時MR.BIGとか流行ってた事もあって、このピックアップに興味津々だった私は、ビリーシーンと同じようにしたらどんな音が出るんだろうかとオーダーしてみたんです。

当然ビリーのような超絶テクなどあるはずもないのですが、それまで(現在も)地味なタイプのベース弾きな私は浮気とでも言いましょうか、派手なものへの憧れがあったのも事実です。

1993年の話ですから私もギリ20代。 若気の至りってやつかな。

ボディーも派手だしね。

ネックなんかはバーズアイメイプルのワンピースネック。

で~は~(笑)

最近は楽器屋さんには中々回ってこない素材なんだとか...


で、そのネックが反るわ反るわで中々落ち着かなく弾かなくなっちゃったんですけど、今回近所の飲み屋さんで紹介して頂いた楽器屋さんに持ち込むことにしたんです。


やって来たのは高円寺。


b0221233_1620045.jpg



BUDDYさんという楽器屋さんです。


b0221233_16204412.jpg



b0221233_16242720.jpg



早速ネックのジョイントを外していただきトラスロッド調整を...


b0221233_16253015.jpg



b0221233_1626369.jpg



トラスロッドが思いのほかちゃんと機能していて、反りはバッチリ解消。

これで落ち着いてくれればな~.....


そして若気の至りだったフロントのハンバッカーを取る事にしました。

b0221233_16293354.jpg



1週間後、出来上がって参りました。

やっぱりこれですね。


b0221233_1631261.jpg



新しいものを買う時とまた違った感動がそこにはあります。

20年前には無かった気持ち。


サブではありますが、これからいい相棒になってくれそうです。


b0221233_16354982.jpg




by Eddie
[PR]
# by eddie1964 | 2014-01-31 16:44